結婚式二次会 会場選び 長岡

突然まとまったお金が必要になるという時もあると思います。すぐに貸してくれる人が身近にいればいいですが、いない場合は貸してくれる人を探すか、銀行や消費者金融のローンを申込むくらいしかありません。しかしどれも時間がかかります。

そういうときクレジットカードを持っていれば、キャッシング機能で銀行やコンビニのATMから現金を引き出すことができます。

ですが、クレジットカードを持っていてもキャッシング機能を利用したことがない方は、いったいいくら借りられるのか、金利や手数料はどのくらいかかるのか、そもそもどうやって利用すればいいのかなど、わからないことが多いと思います。

今回は、クレジットカードのキャッシングについて気になるところをご紹介します。急な出費に備えて、キャッシングの仕組みを知っておきましょう!

 

好きなテーマから読む

ショッピングとキャッシングの違い

皆さんご存知のクレジットカード、主な使い道として「ショッピング」と「キャッシング」の2種類があります。

ショッピングは、クレジットカードの加盟店で商品やサービスを購入することができる機能のことで、クレジットカードが現金の代わりの決済手段となります。

一方で、キャッシングはお金を借りるための機能です。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。これらの違いや注意点をご説明します。

ショッピング枠とは?

「ショッピング枠」とは、クレジットカードを使ってショッピングができる限度額のことです。お店やネットでクレジットカードを使って買い物をする際、普通にカードで買い物するとショッピング枠を使用するということになります

利用限度枠が50万円の場合は、この限度額内であれば繰返し利用することが出来ます。50万円を超えなければ、残高に応じてクレジットカードで何度でも商品やサービスを購入することができます。

ショッピング枠は、ショッピング実績を積むことで自動的に増えて行きます。このことを「増枠」と呼びますが、もし支払いの延滞など正常な支払いができなかったことがある場合、増枠されることはありません。また、利用実績が少ない場合も増枠されるのは難しいと思います。

 

キャッシング枠とは?

「キャッシング枠」とは、クレジットカードを使ってお金(現金)を借りることができる限度額のことです。

クレジットカードのキャッシング機能を使うと、クレジットカードと提携しているATM等でお金を借りることができます。お金が急に必要になった時に、すぐに用意できるのがキャッシングのメリットです。

例えば、突然の冠婚葬祭のイベントで手元にお金がないというケースや、様々な引落し日の前に口座に残高が足りないといったケースで、キャッシング機能が役に立つことがあります。

給料日前にピンチ、といった時に一時的に足りない分を借りて、給料が入ったらその返済に充てることもできます。計画的に返済していきたい場合は、分割して返済していくことも可能です。しかし、ショッピングに比べてキャッシングの金利は高くなります。

キャッシング枠とショッピング枠の関係

クレジットカードでは、ショッピングとキャッシングの利用枠は別々に設定されていることが多いです。例えばショッピングは50万円まで、キャッシングは30万円まで、というように設定されます。ほとんどの場合は、ショッピング枠のほうが多く、適用される金利もキャッシングに比べて低くなっています。

また、カード会社によっては、ショッピング枠とキャッシング枠が別々に設定されるのではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれるケースもあります。例えば、ショッピング枠50万円、うちキャッシング枠30万円というケースで、ショッピング枠で既に40万円を利用していた場合、キャッシングの借入可能額は最大でキャッシング枠としてある30万円ではなく、50万円-40万円=5万円となります。

下記の表のように、キャッシング利用がなくてもショッピング利用額によって、キャッシング枠が変動していきます。